ゴードン ドライジン 47.3% 終売へ...不吉な予感への序章?

投稿日: カテゴリー: スピリッツ等

 

一昨日の営業での、常連のお客様から...

 

 

ゴードン ドライジン 47.3%の終売情報のお話。(新宿 信濃屋さん)

 

 

 

 

(写真はAmazonより)

 

 

 

正規輸入元のKIRINのサイトを見ると、どうやらゴードン ドライジン はまもまく誕生250年を迎えるらしい。それに伴うリニューアルなのかは定かではなく...

 

 

 

 

(写真はKIRINホームページより)

 

 

 

新ラインナップは37.5%、40%、43%の3種類。

 

 

 

 

おそらく、残りの在庫をめぐって激しい争奪戦が繰り広げられるかと...

 

(マティーニを47.3%のゴードンで仕上げるバーテンダーは沢山います。)

 

 

 

 

 

※終売の一つ前のボトル。

 

 

 

 

今回の件で、特筆すべきは「ジンの老舗メーカーの一つが、スタンダード品の47,3%を終売にしたということ。」

 

 

 

これからの時代を見据えての営業戦略 or 価格を上げての新しい形での再販?はこの業界ではよくあるお話。

 

 

 

どちらにしてこの手の類はほとんどが失敗に終わる、業界のジンクスからは逃れられないかと...

 

 

 

 

いずれにせよ、懸念されるのは残り老舗メーカーの動向。

 

 

 

 

※数か月前、ボトルをリニューアルした、ビーフィーター。

 

 

 

 

正規輸入元のサントリーが、このことに便乗し、同じ道をたどらないことを切に願います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です