ラガヴーリン16年 ホワイトホース表記 2(LAGAVULIN White Horse Distillers Aged 16 Years )

投稿日: カテゴリー: ウイスキー

 

本日、「ラガヴーリン16年 ホワイトホース表記」を飲んだお客様の感想が、ほぼ同等だったので...

 

 

 

営業終了後、改めて試飲。

 

 

 

私感+お客様の感想を明記。(参考になれば。)

 

 

 

 

ラガヴーリン16年 ホワイトホース表記(LAGAVULIN White Horse Distillers Aged 16 Years )

 

 

 

ボトル抜栓後、約2週間。

 

 

 

ヒネ感は相変わらずなし。味は明確でラガブーリン25年57.2%(2002年リリース)と似たような方向性。ただ樽香の強さは感じられない。

口に含んだ瞬間は単調だが、それを帳消しにする強いコクとピート。後にヨード香の余韻。その際の鼻抜け(かえり?)が強烈。

16年(~2009)特有の「複雑さ」はこの突出した個性に打ち消され、感じることが出来ず。

(駄文ですみません。)

 

 

 

で、今度はストックボトルが気になり...

 

 

 

本日抜栓。

 

 

 

 

ラガヴーリン16年(~2009年)

 

※「Port Ellen ,Isle of Islay」表記ですが、現行品ではありません。

 

 

 

 

統括

 

 

嗜好品なので...

 

 

 

個人的には、飽きずに飲み続けられるのは後者の「ラガヴーリン」です。(金銭的にも。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です