ラガヴーリン16年 ホワイトホース表記(LAGAVULIN White Horse Distillers Aged 16 Years )

投稿日: カテゴリー: ウイスキー

 

ひと昔前までは、「オールドボトルの入門編」という位置づけ。

 

 

 

↓ボトルも今となっては、「オールドボトル」と呼んでも過言ではないかと...

 

 

 

 

ラガヴーリン16年 ホワイトホース表記(90年代流通品)

 

 

 

 

輸入元(株)ドウシシャ

 

 

※原材料に「モルト・グレーン」と記載、決して「ブレンデッド・ウイスキー」ではなく...

ごく稀に?この時代のウイスキーには、このような記載ミスのボトルが存在。

 

 

 

免税店向けの1ℓと通常の700mlの2種類の規格が存在するが、味の違いなどは不明。

 

※ 750ml規格もあるようです。(2017年5月追記)

 

 

 

お店でもホワイトホース表記のラガは初めてなので...

 

 

 

今更ながら、現行品との見た目の違いは、2点。

 

 

 

 

※一番上のマーク?

 

 

現行品・・・帆船

ホワイトホース表記(90年代流通品)・・・王冠?(紋章)

 

 

 

 

 

※一番下の表記

 

 

現行品・・・「Port Ellen ,Isle of Islay」表記

ホワイトホース表記(90年代流通品)・・・「White Horse Distillers Glasgow 」表記

 

 

 

 

味わいは・・・

 

 

 

 

他、ブログを参考にどうぞ...

 

 

 

 

 

 

昔から、当ボトルに関しては「ヒネ感」という感想が多かったような・・・

 

 

 

当ボトルは、そのニュアンスが今のところ感じられず...(修行不足?)

 

 

 

 

免税店向け専用の規格なのか?(出荷する国によっても風味を変える話は有名です。)

 

 

 

また「オールドボトルの個体差故の味の違い」なのかは不明?

 

 

 

ただ一つ、確実に...

 

 

 

価格が上昇するのは、必然かと...

 

 

 

 

左・・・ラガヴーリン16年 ホワイトホース表記(90年代流通品)

中・・・MHDに完全統合以前のラガヴーリン16年

右・・・現行品ラガヴーリン16年

 

 

 

 

※近年、ラガヴーリン蒸留所は200周年という節目を迎え、記念ボトルをリリースしてます。

 

 

 

8年、18年、12年、25年...

 

 

 

美味しい「ラガヴーリン」でありますように...(飲んだことがある方、感想をお願いします。)

 

 

 

 

蛇足

 

 

もう一つの現行品との違い

 

 

・化粧箱の上蓋の開き方

 

 

 

    

 

 

 

関連リンク

 

 

アメブロ~「Laggan Mhouillinの銘酒 ~ ラガヴーリン 25年 57.2%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です