サミュエル・ガーウィズ ボシーフレイク(SAMUEL GAWITHS Bothy Flake)

投稿日: カテゴリー: シガー&パイプ

 

若干、タイムラグがありますが ...

 

 

 

お気に入りのサミュエル・ガーウィズから新商品の発売。

 

 

 

その名は「サミュエル・ガーウィズ・ボシーフレイク」

 

 

 

 

※50g ¥1900

 

 

 

スコットランドの荒野にぽつんと佇む小屋「ボシー」。その灰色の景色を思わせる、渋い雰囲気のたばこ。バージニアにわずかなラタキア、そこにモルトウイスキーを込めたフレイク。

 

(※メーカー説明文引用)

 

 

 

 

今回もやはり、大好物なフレークものですが ...

 

 

 

 

※写真は、フレーク状ではありませんが ...

 

 

 

特筆べきは、開封時の香り?

 

 

 

それはお世辞にも「良い香り」と呼べる代物ではなく ...

 

 

 

 

ファースト・インスピレーション

 

 

 

 

 

 

写真にある渋い雰囲気?の「古い小屋」の臭い。またはその小屋の中にある腐敗した干草系の香り。

 

 

正に ↑ の写真はボシーフレークの描写としては、キャラクターを如実に表現しているかと ...

 

(※個人の見解です。予めご了承下さい。)

 

 

 

 

私感

 

 

 

このフレークは、着火し喫煙しても良い意味で裏切られることはなく ...腐敗臭+若干のラタキア。ヴージニアの甘味も感じられるがモルトウイスキーの香りは皆無。「腐敗臭?&ヴージニア」がそれぞれ主張して、まとまり感に欠ける。= 熟成感不足のような感覚。火付きと火持ちはいつもどうり。(同社の得意技です。)

 

 

 

 

 

蛇足

 

 

 

渋い雰囲気?のシングルモルト「アラン ザ ・ボシー クォーターカスク」

 

 

(※2016年10月6日新入荷です。)

 

 

 

 

 

 

「ボシー」とは...

 

 

 

18世紀から19世紀にかけてスマグラー(密造者)が、人目に付きにくい渓谷の奥に築いた密造用の小屋のこと。当時、出来上がった密造ウイスキーは安全に輸送するためにカモフラージュがし易い、小さな樽に詰められていた。

 

(※メーカー説明文引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です